ワゴンRテールランプ


車で走行中・・・


「あれっ?前の車ブレーキランプが片方切れてない?!」


なんて自分の前を走っている車を見て思ったことは無いですか?


特に自分と同じ車だったらなんか気になりますよね?


これがもし自分の車だったら・・・「警察に捕まるんじゃ・・・?」とか「どうしよう!!パトカーに停められたら・・・!」なんて人ごとじゃないですよね?


じつは、テールランプが特に片方だけ点灯していないワゴンRを見かけることは珍しくないんですよねー。


まぁ、それくらい多いってことなんですけど、原因はいくつかあります。


ちなみに僕の愛車はワゴンRのスティングレーです。


~参考までに~

ワゴンRスティングレー

  • グレード:TS
  • カラー:何とかブラック
  • 平成20年式 HM23S



先日、愛車のワゴンRスティングレーのブレーキランプが切れていたので、自分で電球(バルブ)交換してみました。


自分でバルブ(電球)交換に挑戦してみたい方は是非参考にしてください。

スポンサードリンク

たった5分でできる!
ワゴンRのブレーキランプ(ダブル球)の交換方法

今回はバルブ切れが原因でプレーキランプが点灯しない場合の対処法として、バルブの交換方法を解りやすく解説したいと思います。


早速ですが、ブレーキランプ交換に取りかかります。


とりあえず作業の流れを書いておきますので、確認しておいてください。


【作業の流れ】

車両からテールレンズ本体を外す

レンズ本体からソケットを外す

ソケットからバルブを外す

ソケットに新しいバルブを取り付ける

テールレンズ本体にソケットを取り付ける

テールレンズ本体を取り付ける




と、こんな流れで作業していきたいと思いますが、そんなに難しくないのでしっかり付いてきてくださいね!

テールレンズの外し方

では、まず始めにテールレンズを取り外します。


取り外しには少しコツがあるので注意して取り外してください。(のちほど解説します)



それでは、テールレンズを外していきましょう!



準備するもの(工具)


・+ドライバー
または
・10mmボックスレンチ




ドライバーかボックスレンチかのどちらかがあれば大丈夫です。ちなみに僕はドライバーのみ使いました。


もしドライバーで作業するときはビス山をナメないように出来るだけ先の大きいドライバーを用意してください。


工具が準備できたらさっそく作業開始です。


まずリアゲートを上げましょう。


↓リアゲート上げたらこんな感じ
ワゴンRテールランプ取り外し
↑2本のビスで止まってるのわかります?


テールランプ本体を外すには、テールランプ本体の左側にある2本のビスを外します。


ちなみにプラスドライバーでもまわす事が出来る10mmの6角ビスです。


外すときは+ドライバーでもボックスレンチのどちらでも構いませんが、ボックスレンチを持っているならそちらを使った方が確実です。


注意:+ドライバーを使う場合は、くれぐれもネジ穴をナメないように注意してください。


で、ビスが外れたらテールランプを外すのですが、ここからちょっとしたコツが必要になります。


じつは、ビスを外しただけではテールランプは外れてくれません。


ビスが付いていた反対側(ボディー外側)に白い突起があり、それが車体に差し込まれるかたちでテールランプ本体が固定されています。


なのでまず引き抜かないといけません。


コツとしては、テールレンズ本体の上と下を持って均等に力をかけて引き抜くように外してください。


上と下のどちらかだけに力をかけて引っ張ってしまうと、この白い突起が折れてしまう事がありますの注意してください。


ここは慎重さが重要です!


あまり強引に引っ張らないようにしてください。


もし、内張外し用の工具などを持っていればそれを使って外した方が確実かもしれません。

新しいバルブ(ダブル球)購入方法

ワゴンRダブル球購入


レンズを外すことが出来たら早速バルブを交換しますが、その前にバルブを購入しておきましょう。


準備するもの

・ダブル球




ワゴンRのブレーキランプはダブル球というちょっと特殊なバルブを使います。


ダブル球の解説

【ダブル球とは】

バルブにはシングルとダブルがあります。シングルはフィラメントが1つ、ダブルはフィラメントが2つ入ったバルブです。これはスモールランプとブレーキランプを1つのバルブで兼用出来るように作られたバルブになります。



ワゴンRテールランプバルブ球
↑こんなヤツです!

カー用品店などでブレーキバルブを購入するときの注意点

カー用品店などでバルブを購入されるときは、ご自分の車の型式と製造年を調べておいてください。バルブコーナーなどに適合表という冊子が置いてあるはずですので、それを見て適合するバルブを選んでください。


車検証の車体番号の欄に型式は記載されています。
↓車検証
車検証サンプル
↑車体番号の欄に書かれています。例:HM23S-◯◯◯◯◯◯◯◯←◯の中は個別の番号です。


ちなみに今回は、HM23Sという型式になります。


わからなかったら店員さんに聞くのが早いです!


HM23s用のバルブを見つけられたら、中にあるフィラメントを確認してみてください。フィラメントが2つ付いているはずです。これがダブル球です。

バルブソケットの外し方

テールレンズを外すことが出来たら、今度はソケットを取り外します。


バルブはソケットの中に取り付けてありますから、まず先にソケットを外します。


ワゴンRテールランプソケット外し方
↑いちばん右側の白いソケットです。


ソケットは、テールレンズ本体の裏に3つ付いていますがブレーキバルブの付いたソケットは3つの中で一番下にある白いプラスチックのヤツです。


ちなみにほかの2つのソケットには、バックランプとウィンカーランプが取り付けてあります。


外し方は、白いプラスチックのソケットを手で時計と反対方向に回すとカチッと簡単に外れるはずです。


※外せたらソケットとレンズ本体がどうやって取り付けてあるのか確認しておいてください。


そのままソケットを引き抜くと中からバルブの付いたソケットが出てくるはずです。

ブレーキバルブ(電球)を外す方法

ワゴンRテールランプバルブとソケット


ソケットを外すことができたら、次はバルブを外していきます。


バルブは、ソケットの中にある金属部分にバネを利用して引っ掛けてあるかたちで取り付けてあります。


外し方ですが、バルブのガラス部分を少し押し込みながら時計と反対側へ回すと取ることが出来るはずです。


このとき外したバルブの金属部分をよーく見てみると小さなポッチが左右2つ付いているはずです。


ポッチの付いている高さが左右違うのがわかると思いますが、これは交換する新しいバルブにも付いているはずです。


↓ポッチが確認出来ますか?
ワゴンRブレーキバルブ


このポッチを引っ掛けてソケットとバルブが固定されるようになっています。


なので、取り付けるときもポッチの左右の向きがありますからはずすとき意識しながらはずしてください。

ブレーキバルブ(電球)の取り付け方法

それでは、バルブを取り外したときの逆の要領で新しいバルブを取り付けます。


バルブを押し込みながら今度は時計回りに回して取り付けてください。


このとき、バルブの左右に付いているポッチを確認しながら取り付けます。


取り付ける際は方向が決まっていますからどちらが正しいか試しながら付けると良いでしょう。


ここで注意して欲しいことですが、バルブのガラス部分には直接手で触れない方が良いみたいです。


直接手で触れると手の脂分がバルブに付いてしまいバルブ切れの原因になるようです。


どうしてかというと、指紋などの手の脂がバルブ球につくと、その脂が点灯したときの熱で焼けてくすみの原因になったり、最悪ガラス部分が割れたりするかららしいです。


僕自身は、おかまい無しに直接手で触っていますが・・・笑。


心配な方は、手袋などをして交換してくださいね!


取り外すときどうやって取り付けていたのか確認しながら作業すると、取り付けるときにスムーズに進みます。


ここまできたらゴールは近いですので焦らずいきましょう。

バルブソケットをテールレンズ本体に取り付け

今度は、取り外したときの逆でバルブの付いたソケットをテールレンズの中に入れます。


このときソケットとテールレンンズの差し込み部分の切り欠きがあるので、それを合わせるように左右に回しながら取り付けてください。


※どうやって取り付けていたか思い出して下さい。


上手いことはまってくれれば、あとはカチッと時計回りにまわしてソケットとテールレンズの取り付け完了です。

テールレンズ本体をボディーに取り付け



ワゴンRテールランプ取り付け


これが最後の作業となります。あと少しで終わりますからね!


最後にテールレンズ本体を車体に取り付けますが、取り外したときにあった白いポッチをまず先に差し込んでください。入りにくいときは、手でポンポンとたたくようにすれば上手く入ってくれるはずです。


ちゃんと差し込むことができたら、最後に2本のビスで取り付けてすべての作業が終了です。


ということで、長々とお疲れ様でした~

まとめ

実際にやってみて意外と簡単だったのではないでしょうか?


これくらいだったら5分もあれば十分出来そうじゃないですか?


この記事を見てこれなら自分でも出来そうだな!って思ったら自分でやってしまいましょう。


まぁ、あくまでも自己責任ということで、くれぐれも事故のないようにしてくださいね!


ということで、ワゴンRのブレーキバルブの交換方法は以上になります。


ここまで読んで頂き、誠にありがとうございました。

1人で出来るブレーキランプ点灯確認方法

あっ!そうだ!!


忘れてましたが、くれぐれもちゃんと点灯するか確認してくださいね!


確認方法ですがスモールランプの場合、ライトのスイッチを入れれば点灯しているか確認出来ます。しかしブレーキランプの場合は、後ろにあるんで一人だとチョット確認しづらいですよね!


ブレーキランプの点灯確認は、コンビニとかに行ったとき駐車場にバックから停めます。


コンビニの駐車場って店舗の前にあることが多いですよね。


ほとんどのコンビニがガラス張りなんでバックミラーを見ながらブレーキを踏むと反射して簡単に確認することが出来ます。


同じようにウィンカーやバックランプの点灯確認も出来ると思います。


以上です!
<この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでます>
➡️ワゴンR(HM23S)のブレーキランプが点かない本当の原因とは

➡️ワゴンRのテールランプが点かない時のバルブ端子接点復活法

➡️ワゴンR(HM23S)のブレーキランプ接触不良とアースの関係

スポンサードリンク