せっかく届いた年賀状に返事を書かないといけないのに、
ついつい出し忘れなんてことあったりしませんか?

そんな時に役立つ方法が、
寒中見舞い(かんちゅうみまい)です。

初めて聞く人もいるかもしれませんが、
これって昔からある暑中見舞いや残暑見舞いなんかと同じ日本の慣習になります。

そもそも寒中見舞いは、
年賀状を出し忘れた時に送るものではありませんので、できることなら忘れずに年賀状も出すようにしましょう!


とは言うものの、年賀状は書いたことがあるけど寒中見舞いなんて書いたことも来たことがないっていう人もいるかもしれません。
せっかくのこの機会に寒中見舞いを出されてみては如何でしょうか?

寒中見舞いの書き方についても詳しく解説していますので、参考にしてください。

では、どうして年賀状を書くのに寒中見舞いというものがあるのでしょうか?

スポンサードリンク

寒中見舞いとは?年賀状があるのにどうして?


寒中見舞いとは、寒さが厳しくなったおりに
身内や友人、知人、お世話になっている方などに送る冬限定の季節の挨拶状の1つです。

夏場に送る暑中見舞いや残暑見舞いと同じように
冬場の寒さによって体調を崩されたりしていないかなど、友人や知人の安否を気遣うとともに、自分たち家族などの近況を伝えるものです。

一方、年賀状はご存知の通り新年最初の挨拶状になります。

日頃お世話になっている方々に
「今年もよろしくお願いします。」
「おめでとうございます。」
などの挨拶や新年のお祝い、感謝の気持ちを込めて送るものです。

簡単にいうと、寒中見舞いは季節ごとの時候の挨拶とともに送る挨拶状の一つで、
年賀状は年の変わり目に送る挨拶状ということになります。

では、寒中見舞いを送る意味や目的ってなんでしょうか?

寒中見舞いを出す目的とは?

一般的には、喪中(もちゅう)で年始の挨拶(年賀状)ができなかった場合や、喪中と知らずに年賀状を出してしまった場合などに、寒中見舞いを送る場合が多いです。

また、ついつい年賀状の返信を送る時期が遅くなってしまった場合などに、
遅れたお詫びと年始の挨拶を兼ねて送られることもあります。

寒中見舞いを、出した方が良い一例

  • 1月7日までに年賀状を出しそびれてしまった場合
  • 喪中とは、知らずに年賀状を出してしまった場合
  • 喪中とは、知らずに年賀状をくれた方へ出す場合
  • 年賀状を出さなかった方からお年賀いただいた場合

年賀状を出す時期と寒中見舞いを出す時期


寒中見舞いを出す時期ですが、
どうしても同じような時期に出す年賀状との違いが曖昧で、出す時期についてもちゃんと理解していないのではないでしょうか?

寒い時期ならいつでも送って良いという訳ではありません。
寒中見舞いを送る時期というのにも決まりがありますので、
以下を参考にしてみてください。

寒中見舞いを送る時期の前に・・・

年賀状を送る時期というのは決まっているのでしょうか?

年賀状を送っても良い時期というのは、
ちゃんと決まりがありまして松の内に届くように送るのが年賀状になります。

松の内とは、1月1日から1月7日までの期間を指します。
これを過ぎてしまってから年賀状を出すことは失礼にあたります。

特に、この時期を知らずに会社の上司や仕事関係の方に送ってしまわないように注意しましょう!

常識を疑われてしまうことにもなりますよ!

寒中見舞いを送る時期ですが・・・

年賀状を送る時期以降の1月8日から立春を迎える2月4日の前日の節分までとなっています。

    寒中とは、暦の上では、最も寒いとされる期間のことを言います。
    具体的には、寒の入りから寒明けまでの約30日間をいい寒の内と表現したりします。

    寒の入りとは、寒に入ることを言い、1月5日ごろを指します。
    また、寒明けとは、寒が明けて立春となることを指しますので、2月4日(立春)ごろのことを指します。

    つまり、寒中とは1月5日ごろから2月3日(※2月4日の立春は含まない)までの期間ということになります。
    ここで気をつけないといけないのが、年賀状の時期と重なる日があるということです。

    年賀状を送る時期が1月7日までですので、寒中とされる寒の入りの1月5日ごろと重なってしまいますよね。
    ですので、寒中見舞いを送る時期は、その重なった期間を除く
    1月8日から2月3日まで
    となります。

    寒中見舞いを出す時期がわかれば、あとは書いてみることです。
    以下に、具体的な寒中見舞いの書き方について簡単にアドバイスさせていただきましたので、
    ぜひ参考になさってください。

    寒中見舞いを書く際に注意するマナーとは?

    寒中見舞いには、これといった書き方や決まった定めが無いのですが、
書くときにこれだけは注意した方がいい事がありますので、参考にしてください。



    年賀状を出し損ねていた方へ返事を書く場合には、
    「年賀状を出し忘れてしまって・・・」
    などの言葉を使うと、相手を不快にさせてしまう可能性がありますので
    実際に書く言葉は選んで使うようにしてください。


    また、相手方が喪中の場合は、賀詞やおめでたい言葉は使わないようにしてください。
    「拝啓」などの頭語や「敬具」などの結語は不要です。
    ちなみにハガキは年賀ハガキは使用してはいけません。

    スポンサードリンク

    寒中見舞いの一般的な書き方とは

    寒中見舞いの書き方に難しい決まりごとはないのですが、一般的なパターンというのがありますので、こちらも参考にしてください。

    寒中見舞いの書き方パターン

    1、季節のあいさつや寒さを見舞う言葉

    2、時候の挨拶と安否を尋ねる挨拶や気遣うことば

    3、こちらの近況報告やお年賀に対するお礼やお礼やお詫び

    4、結びのあいさつ

    5、日付…… 「平成○年○月吉日」「二○○○年○月」など

    6、あなたの氏名、住所、電話番号など



    寒中見舞いの書き方は、このようにある程度テンプレート化できますのでそれに沿って文例や用語を用いて書いてみることをお勧めします。

    
「必ずこう書かなくてはいけない!」という決まり事はありません。

    以下に具体的に文例を記載していますので、
    上記のパターンに沿って言葉を書いていけば、ちゃんとした寒中見舞いが出来上がるはずです。

    具体的な寒中見舞いの文例

    ①季節のあいさつ
    • 寒中お見舞い申し上げます。
    • 寒中お伺い申し上げます。

    ②時候の挨拶と安否を尋ねる挨拶や気遣うことば
    • 寒さ厳しき折、皆様いかがお過ごしでしょうか。
    • 寒い日が続いておりますが、皆様お変わりございませんでしょうか。
    • 厳寒の折、ご家族の皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
    • 松の内の賑わいも過ぎ、寒さも一段と厳しくなってまいりました。皆様お変わりございませんか。

    ③年賀状のお礼や欠礼のお詫び、こちらの近況報告
    • ご丁寧な年始状をいただきありがとうございました。
    • 喪中につき年頭のご挨拶を失礼させていただきました。
    • 新年のご挨拶を頂きながらもご挨拶が遅れ、誠に申し訳ございません。
    • おかげ様をもちまして私どもも皆変わりなく過ごしております。

    ④結びの挨拶
    • 厳冬の折から、何卒お身体を大切に過ごされますよう。
    • 皆様の一掃のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。
    • 本年も例年と変わらぬお付き合いをお願い申し上げます。

    ⑤日付
    • 平成○○年 一月
    • 2○○○年 一月

    寒中見舞いを出し忘れても大丈夫!まだ余寒見舞い(よかんみまい)がある!

    とは言え、年末年始は何かと慌ただしいものですから年賀状や寒中見舞いを出し忘れたり、
    ついつい色んな事情で書けなかったなんてよくある話ですよね。

    まぁ、そんな時でも慌てずに「余寒見舞い(よかんみまい)」を出してみては如何でしょうか?

    余寒見舞いとは、寒中見舞いを出す時期(1月8日〜2月3日)を過ぎたのち2月いっぱいまで
    出すことができる季節の挨拶になります。

    余寒見舞いを出す時期は、
    2月4日(立春)~2月28日(29日)頃まで

    書き方についても、余寒見舞いも寒中見舞い同様に寒さの厳しい時期に相手の安否を気遣う言葉を書くようにしましょう!

    その際に気をつけることは、
    時候の挨拶を変えて書く
    ということです。

    寒中見舞いは、主に1月中に出しますので1月の時候の挨拶を書き、
    余寒見舞いは2月に出すことになりなりますので、
    2月の時候の挨拶を書くことになります。

    時候の挨拶を間違わなければ、あとはパターンが決まっていますのでそんなに難しくないでしょう。

    何はともあれ一度書いてみることをお勧めします!!

    スポンサードリンク